視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

強膜・白目(きょうまく・しろめ))

強膜とは一般的に白目といわれ、眼球の外側の部分のことをいいます。

強膜の厚さは最も厚いところで1.0から1.5mmくらい、薄いところで0.25mm程度で、角膜と繋が・トいます。その名の通り目の中で最も強くて丈夫な膜で乳白色をし…

»詳細を見る

角膜(かくまく)

角膜とは目の一番外側にある膜で、一般的には黒目にあたる部分にある膜です。

白目であis膜と繋が・トいて、光を通さない強膜と違い光を通す窓のような働きをしています。角膜は、横11mm、縦10mm,厚さ0.7mmの無色透明な膜です…

»詳細を見る

虹彩・黒目(こうさい・くろめ)

虹彩とは、角膜と水晶体の間にあるドーナツ状の薄い膜のことをいいます。

真ん中に瞳孔(どうこう)といわれる穴が開いています。この穴の大きさを変えらキとで、ひとみに入る光の量を調節する働きがあります。通…

»詳細を見る

瞳孔(どうこう)

瞳孔とは、目の中にある黒い部分でひとみともよばれます。


ロは、虹彩という組織の真ん中に開いた丸い穴で、目の中に光を通すいわば光の入り口の役割をしています。昼間などの光の強い時は小さく縮んでいて、…

»詳細を見る

水晶体(すいしょうたい)

水晶体とは、外から入・トきた光を通し屈折させてピントを合わせ、網膜に見た像を映し出す重要な働きを持・ス組織です。

角膜とよく似た働きをしていて、凸レンズの役割をしています。水晶体でピントを合わせらキ…

»詳細を見る

毛様体筋(もうようたいきん)

毛様体筋とは、水晶体の厚みを調節する働きをする毛様体にある筋肉です。

目に入・トきた光を正確に網膜に焦点を合わせて像として映し出すための重要な働きを担・トいます。瞳孔から入・トきた光は、角膜と水晶体…

»詳細を見る

網膜(もうまく)

網膜とは、眼球の内側の一番奥にある厚さ0.1~0.4mmの薄い膜のことです。

瞳孔から入・ス光は、角膜や水晶体によ・ト屈折されピントを合わせてこの網膜に映し出されます。光を受け取・ス網膜は、視神経を使・トその光の持…

»詳細を見る

脈絡膜(みゃくrYまく)

脈絡膜とは、強膜と網膜の間にある薄い膜のことです。

脈絡膜には多くの血管が走・トいて、眼球や網膜などの目の組織に酸素や栄養を運んで渡したり、逆に老廃物を受け取・ト排出する働きをしています。

また…

»詳細を見る

眼窩(がんか)

眼窩とは、眼球とそれに関わる神経や筋肉などを入れりGに開いたくぼみのことです。

顔面かもヘると四角形を槍т・いますが奥に入るに従・ト細くな・トいきます。眼窩の縁の部分はそれぞれ眼窩上縁、眼窩下縁と呼ば…

»詳細を見る

結膜(けつまく)

結膜とは、上まぶたと下まぶたの内側と白目とよばれis膜の表面を覆う薄い透明の膜をいいます。

眼球とまぶたを結ぶ組織という意味からこうい・ス名称がつけられています。粘液を出して眼球の運動やまばたきがスム…

»詳細を見る

視細胞・光受容細胞(しさいぼう・ひかりじゅようさいぼう)

視細胞とは、網膜(もうまく)の中にあ・ト光を感じる細胞のことをいいます。

そして視細胞には桿体細胞(かんたいさいぼう)と錐体細胞(すいたいさいぼう)という2種類の細胞があり、これらのことを光受容細胞と…

»詳細を見る

黄尿iおうはん)

黄班とは、外から入・トきた光が網膜(もうまく)でピントをあわせる部分をいいます。

黄班部とa曹「、この部分には視細胞の中の錐体細胞(すいたいさいぼう)がたくさん集ま・トいます。通常網膜はとても薄い膜…

»詳細を見る

視神経乳頭(ししんけいにcCとう)

視神経乳頭とは、網膜(もうまく)の一番奥にある部分をさします。

網膜の中には無数の視神経の繊維が全面に広が・トいます。その視神経はやがて網膜の一番奥の部分に集結し、太い1本のケーブルとな・ト脳へと向か…

»詳細を見る

錐体細胞(すいたいさいぼう)

錐体細胞とは、光受容細胞(ひかりじゅようさいぼう)とa曹墲黷骼牛ラ胞の中の1つです。

網膜(もうまく)の中にある黄班(おうはん)と呼ばれる部分に集中している細胞です。黄班部の中でも釘ノ中心窩(ちcCし…

»詳細を見る

棹体細胞(かんたいさいぼう)

棹体細胞とは、網膜(もうまく)の中にある視細胞しさいぼう)の1つです。

同様の視細胞であり明るいところで働く錐体細胞(すいたいさいぼう)と比較して明らかに違うのは、棹体細胞が・「場所で働く細胞である…

»詳細を見る

視交差(しこうさ)

視交差とは、目から脳へと向かう視神経(ししんけい)が頭の中で半分交差している状態をいいます。

つまり、右目から出ている視神経は左の脳へ、左目から出ている視神経は右の脳へとつなが・トいるのです。目から1…

»詳細を見る

視野欠損(しやけ・サん)

視野欠損とは、なんらかの原因で通常見えるはずの視野が欠けてしまう状態をいいます。

視野欠損になると、見たいものが一部欠けて見えるなどの障害が出て不都合を感じらキとがあります。ただし、通常は左右双方の…

»詳細を見る

房水(ぼうすい)

房水とは、眼の中にある水分のことで涙とは性質の異なるものです。

涙が目の外表面にあらキとに対して、房水は角膜と水晶体(すいしょうたい)の間にあります。水晶体のすぐ横にある毛様体(もうようたい)という…

»詳細を見る

硝子体液(しょうしたいえき)

硝子体液とは、眼球を構成する器官の一部である硝子体の内溶液です。

水晶体の後ろにある球体を硝子体といい、その中の空洞を硝子体液が満たしています。硝子体液はムチンというたんぱく質を含んだ透明なゼリー状…

»詳細を見る

涙腺(るいせん)

涙腺とは、その字の通り涙を作り出すところです。

いわc・ワの製造工場とい・トよいでしょう。涙腺は、上まぶたのやや耳寄りのところにあります。涙腺から出た涙液は、常に目を潤して保護しています。その涙液の…

»詳細を見る

粘液腺(ねんえきせん)

粘液腺とは、体のあちこちにある粘液を分拍揩髑Bのことをいい、目では釘ノ結膜(けつまく)にあります。

この目の粘液腺から出た液は、涙と一緒にな・ト目の表面を覆・トいます。涙の成分は、表面から油分の多い油…

»詳細を見る

シュレム管(しゅれむかん)

シュレム管とは、角膜(かくまく)の周りをぐるりと囲んでいる組織の1つをいい、房水(ぼうすいとよばれる分泌液を唇ャの中に排出する働きをしています。

房水は、眼球の形を維持し角膜や水晶体(すいしょうたい)…

»詳細を見る

眼圧(がんあつ)

眼圧とは、眼球の形や大きさを一定に保つための眼球の中の圧力をいいます。

眼球が丸い形をしているのは、眼圧が内側に存在するためです。目は、外から入・ス光を取り込み網膜(もうまく)上にピントを合わせらキ…

»詳細を見る

眼輪筋(がんりんきん)

眼輪筋とは、目を囲むようにして存在する筋肉をいいます。

眼の周りにはいくつかの筋肉が複雑に絡み合・トいますが、その中でも眼輪筋は釘ノ目を閉じるときに作用する筋肉といわれています。

まぶたを構成し…

»詳細を見る

散瞳(さんどう)

散瞳とは、瞳孔散大とa曹墲黶Aなんらかの原因によ・ト一般的にひとみとよばれる目の瞳孔(どうこう)が通常の大きさより広が・ス状態のことをいいます。

瞳孔は、正常時には明るいところで収縮し・「ところでは拡…

»詳細を見る

視知覚皮質中枢(しちかくひしつちcCすう)

視知覚皮質中枢とは、大脳の中の大脳皮質(だいのうひしつ)という灰色の部分にある視覚野(しかくや)とよばれる部分で、目で見たものを信号として受け取り映像として認識する際に最も重要な役割を担・トいるところを…

»詳細を見る

縮瞳(しcLどう)

縮瞳とは、瞳孔括約(どうこうかつやく)とa曹「、なんらかの原因によ・ト瞳孔が小さくな・スままの状態をいいます。

通常、瞳孔は光に反応して明るいところでは小さく、・「ところでは大きくなります。しかし、…

»詳細を見る

線維柱槍ナせんいちcCたい)

線維柱槍・は、眼球に栄養を送り込み老廃物を排出する働きを持つ房水(ぼうすい)という分泌液をろ過する働きをもつ組織です。

この組織は、角膜(かくまく)と虹彩(こうさい)のちょうど境目の隅角(ぐうかく)…

»詳細を見る

瞳孔括約筋(どうこうかつやくきん)

瞳孔括約筋とは、瞳孔を収縮させる働きをする筋肉のことをいいます。

瞳孔括約筋と対照的な働きをするものに瞳孔散大筋(どうこうさんだいきん)があります。

瞳孔括約筋は、意思によ・ト自由に動かせる筋肉…

»詳細を見る

瞳孔散大筋(どうこうさんだいきん)

瞳孔散大筋とは、瞳孔を大きくする働きをする筋肉のことで、対照的な作用をする筋肉に瞳孔括約筋(どうこうかつやくきん)があります。

この2つの筋肉がそれぞれに作用すmスによ・ト、瞳孔は縮んだり広が・スりし…

»詳細を見る
Page 1 of 212»

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.