視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

鴻純Rんのエッセイで知・スレーシック

僕がレーシックを知・スき・ゥけは多分、テレビ番組だ・スと思う。かなり昔だ・スとように記憶している。そのテレビ番組では近視を手術する新しい方法として紹解黷トいた。レーシックという言葉が使われていたかどう…

»詳細を見る

一生抱える問題を解決すi{の技術

レーシックに興味を持・トからまず確認したのが、失明の危険性はまずない、ということだ・ス。やはり、失明は怖い。僕は強度の近視に強度の乱視に斜視、それに隠ヲて眼振(眼球が震える症状)が軽くあり、趣味の卓球を…

»詳細を見る

考え出せばきvbなか・ス不安

レーシックに強い興味を持・スとはいえ、不蠀ノ思・スことは数谀閧ネい。

目に当てられるのはレーザーである。怖い。そして、一般的なレーシックではメスで角膜を薄く切り取り、剥がすのだ。そして、レーザー…

»詳細を見る

馬鹿にされ、本気で止められたレーシック

僕がレーシックを受けるかcハれない、ということを聞いた周囲の反応は当然ながら冷ややかだ・ス。「ばかじゃね」「金をどぶに捨てるのかよ」というほとんど罵声に近いような言葉を浴d┿られた。僕自身a痰ソんと資料…

»詳細を見る

最後の決め手は料金と施術方法

レーシックに惹かれた僕が最初に調べたのが、各病院・クリニックのパンフレットにある「料金」だ・ス。前にも書いたとおり、レーシックとい・トも、病院・クリニックによ・ト料金はかなり違・トいた。

それから、…

»詳細を見る

検査への楽観と共存した恐怖

品川近視クリニックの資料には割引券がついており、それを持・トいくと検査が無料になり、更に手術を五千円引きにしてくれるようにな・トいた。少しでも蠀「方がいいのはもちろんである。そして、フリーダイヤルで、…

»詳細を見る

検査を通じて高ま・スクリニックへの信頼感

そうして検査日がや・トきた。ビルのエレベーターを昇り、クリニックの場所を探した。クリニックは高級感漂う、だけど決してけばけばしくない雰囲気だ・ス。僕は靴箱に靴を入れてスリッパに履き替え、クリニック内に入…

»詳細を見る

わずかに残る怯えを制して手術申し込み

検査と診察が終わ・ト、長椅子に贀閨A給水機の水を飲んでいると受付で名前が呼ばれたので行くと、受付の方が「どうされます?手術を受けられますか?」と訊いてきた。僕は受けらキとに決めていたので、その旨を伝える…

»詳細を見る

コツコツコツコツ貯めた、手術費用

お金を持・トいそうな親戚中を回り、泣きながら頭を下げてお金を借り、絶縁状態だ・ス親にも借り、複数の友人にも頼み込んで借りた。というのは真1ヤな嘘である。そんな借金地獄に陥・ス人のような行為は必要なか・ス…

»詳細を見る

不蠀ノ押しつぶされかけた手術前日

もちろんだが、レーシックとは手術である。それも目の手術。手術の予約日を入れたあとにな・ト、不蠀ェ段々と大きくな・トい・ス。なんというか落ち着かないのだ。どこか上の空。それは手術のためのお金を銀行でおろ…

»詳細を見る

待合室での長い長い待機

僕は急いで電車に乗・スが予定の電車には乗れなか・ス。駅から走・スのだが、品川近視クリニックにはや・マり少し遅れて着いた。僕はゼエゼエ言いながら受付に行・ス。普痰ネがもテポケットをまさぐ・ス。とにかく、お…

»詳細を見る

眼球への圧迫感と、100%・・・

看護婦さんに連れられて今まで知らなか・ス通路を通ると、手術室というプレートが貼・トあるドアがあ・ス。そこで僕は看護婦さんに促されるままにブルーの浴衣のような服を着て、スリッパに履き替えた。そして僕はドア…

»詳細を見る

つく・ュ縁のある30分という時間

手術が終わ・ス僕は手術室から出て、淡い暖色の光に包まれた部屋に連れて行かれた。大きなソファがぐるりと置いてあ・ス。男性と女性の患者が一人ずつソファに贀Bトいた。そして、看護婦さんが僕に数種類の目薬をさし…

»詳細を見る

感動よりも違和感のメガネなしの生活

サングラスをかけた僕はまるでウルトラマンのようだ・スに違いない。しかし、クリニックを出てからメガネをかけなくてもよくな・トいた。だが、そんな感慨にふける余裕はとてもなか・ス。手術のドキドキがまだおさま・…

»詳細を見る

小学一年生以来の視力と順調に推移した術後

術後、何度かクリニックに通・ス。同じビルにあるのだが、手術を受けたところとは別のフロアだ・ス。待合室に行くと、ほとんどの人がサングラスをかけていていた。もちろん、僕もだ。最初の術後診断が一番毅「た。

»詳細を見る

久しぶりにみた、メガネなしの自分の姿

ドライアイ気味なのは1年ほど経つにつれて治ま・トい・ス。目薬が切れたが、都心に出かける電車鈀lえると、近所のドラッグストアで買・ス方がtY・ス。

その当時のイントラレーシックでは、術後、車のライトや電…

»詳細を見る

人生の分岐点だ・スレーシック

レーシックを知・ト、そして手術を受けて、アフターケアを自分でしてみて、とても大変だ・スが、僕の人生にと・ト大きな転換点にな・スのではないかと思う。

レーシックを知・トいなか・スら、知・トいても手術を…

»詳細を見る

州ヲゆくメガネをかけていた過去と新しい自分

手術を受けてから出会・ス人は僕が昔、分厚いレンズのメガネをかけていた、と知る人はほとんどいない。昔の写真を見るとビックリして「コンタクトをつけているの?」と訊かれる。僕は面倒で、「簡単な手術を受けた」と…

»詳細を見る

自分の人生を楽しむための判断を

僕は肉体というものは人生を楽しむための道具に過ぎない、と思・トいる。自分の顔にどうしても納得できなけれc「・e整形をしても構わないし、胸にシリコンを入れてa曹「し、痩せるためにエステに行・トa曹「し、筋肉…

»詳細を見る

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.