レーシックで視力回復?

レーシックで視力回復?

眼科で行われている視力回復術のひとつに「レーシック」があります。レーシックは保険外診療であり、治療にかかる費用は全額自己負担です。治療費を無駄にしないためにも、「レーシックで本当に視力が回復するのか?」「副作用はあるかどうか?」など、様々な観点から見極めたいところですよね。

ここでは、レーシック手術の副作用を中心に解説します。

レーシックで視力回復は本当か?

「レーシックで本当に視力が回復するのか?」については気になりますが、これに関しては個々の目の状態によるところがあり、一概に言えません。例えば、極端な近視や乱視の方は、期待通りの結果が得られないことがあります。

そのような場合、手術前に実施される適応検査を通じて眼圧、角膜の厚さ・形状を調べることで、「レーシックが自分にとって適切な手段かどうか?」を見極めることができます。手術前の適応検査については無料となっているところが多いですので、レーシックに関する不安を払拭するためにも検査を受診されることをおすすめします。

レーシックの副作用

続いて気になるのがレーシックの副作用です。レーシックはあくまでも手術の一種であり、身体を傷つける以上、何らかのリスクを伴います。実際、過去に東京のとある眼科でレーシックを受けた複数の角膜感染症を起こし、今でも重篤な視覚障害が悩まされている方もいます。

レーシックを避ける理由

レーシックを避ける理由

あなたは「レーシック」をご存知ですか?電車のつり革広告等で大々的に宣伝しているのを見たことがあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか?あくまでも手術の一種であるがゆえ「怖い」とか、多くの美容整形と同様「胡散臭い」といった感情を抱いている方もいらっしゃるかもしれません。ここでは、レーシックが巷で敬遠されている理由に迫ります。

なぜレーシックが回避されるのか?

簡単に言うと、レーシックとは視力回復手術のひとつであり、目の表面上にある角膜をレーザーで削り、目に入ってくる光の屈折を変えることにより、視力を矯正します。レーシック手術後、基本的には矯正前の視力に戻ることはありません。

ただし、個人差があり、必ずしも矯正後の視力がキープされるという保証はありません。最近では医療技術が進歩し、失敗する確率は以前に比べると減りましたが、失明したり、あるいは合併症を起こしたりする危険性も孕んでいます。

それゆえ、レーシックに対して良くないイメージを持っている方も少なくありません。したがって、レーシックを検討している方は、レーシック手術実績が豊富な眼科医であるかどうかを見極めることも重要になってきます。

レーシック手術を執刀する眼科医の多くはメガネをかけています。それが人々にレーシックに対する懐疑の念を抱かせる理由のひとつになっています。