視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

倒像検眼鏡(とうぞうけんがんきょう)

倒像検眼鏡とは、光源とレンズの2つを組み合わせて眼底の状態を直接見る検査です。

光源から出た光を目に当てながら、手に持・スレンズで目の中の状態を拡総ツて直接確認をします。

倒像検眼鏡は、同じような検査である直像検眼鏡(ちwbぞうけんがんきょう)に比べると、拡大率が低いといわれています。しかし、眼底の状態を立体的に広い範囲で見らキとができるので、網膜(もうまく)の中心から辺縁部に至るまで広く全体の検査を行うことができます。

ただし、眼底の状態をレンズに投影するため、踀
ロにレンズ上で見える像は180度回転した状態になります。

そのため、正確な診断を行うためには検査を行う人には熟練が必要とされます。また、検査の際は瞳孔(どうこう)を拡聡揩髟K要がありますので、検査終了後cハばrYは車の運転など注意が必要です。

倒像検眼鏡による検査は、眼底の異常の発見や診断の目蠀ニなります。この検査によ・ト、網膜の奥にある視神経乳頭(ししんけいにcCとう)の浮腫(ふしゅ)などの異常や網膜剥離(もうまくはくり)など、眼底の深い部分に起こ・ス異常を見つけらキとができます。

また、炎症や白内障(はくないしょう)などによ・ト水晶体(すいしょうたい)や角膜(かくまく)が濁・トいる状態や、網膜の血管の状態なども観察できます。踀
ロの検査では、網膜の中心部を精査できる直像検眼鏡による検査などと併用されらキともあります。

また、倒像検眼鏡による検査は奥行きまで立体的に観察できらキとから網膜硝子体手術(もうまくしょうしたいしcUゅつ)などでも活用されています。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.