視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

直像検眼鏡(ちwbぞうけんがんきょう)

直像検眼鏡とは、ハンディサイズの懐中電灯のようなものに拡糟ェついた形をした検査器具です。

これは、眼の中に直接光を当てて肉眼で角膜(かくまく)や水晶体(すいしょうたい)、網膜(もうまく)などの眼底の組織の状態を検査するためのものです。

1851年にドイツのHelmholtzが発明しました。開発当時は帥、福窿Kスのランプの光を使・ト検査していましたが、近年は高い性能の光を使・ト行・トいます。

検査の方法は、被験者に前を見た状態を維持してもらい、検査者が直像検眼鏡を目の間近に当てて直接見ます。

光によ・ト透視した眼底の状態をレンズで拡総ツて見らキとによ・ト、内部の状態を肉眼で確認すらキとになります。場合によ・トは、点眼によ・ト瞳孔(どうこう)を強制的に開いて検査すらキともあります。

直像検眼鏡は、高い倍率で眼底を拡総ツて見らキとができる上に眼底の組織の状態を変えらキとなくそのままの状態で精査できるので、非常に精度の高い検査結果を求めらキとができます。

眼底の全体を見らキとのできる倒像検眼鏡(とうぞうけんがんきょう)と比較すると、直像検眼鏡の見える範囲は眼底の約半分程度で、釘ノ眼底の中心部の精査に適しています。

このような検眼鏡による検査は、眼科の基本的な検査といわれています。この検査によ・ト、網膜の奥にある視神経乳頭(ししんけいにcCとう)の異常や黄班変性(おうはんへんせい)、網膜にできた腫瘍、高血圧や糖尿病などの全身疾患かrYる網膜の異常なども見つけらキとができます。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.