視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

石原式検査法(いしはらしきけんさひょう)

石原式検査法とは、石原式色覚異常検査表を使用した検査法で、主に視力ではなく色の見え方である色覚の異常を検査するためのものです。

これは、1916年に軍医石原忍が従来の欧州式色覚異常検査表をさらに研究し開発した検査表で、その精度の高さや踀p性、検査の簡単さなどから国際的にも認められ採用されています。

石原式検査法に使われる検査表には段階があり、検査の表数が少ないものから38表国際版とよばれる最も表数の多いものまで様々なタイプのものがあります。

また、数字を読むものと曲線をなぞるものもあり、正常な色覚の人と色覚に異常のある人のそれぞれに対応でき、さらに異常の分類をある程度確認できる5つの種類の検査表に分けられています。

したが・ト目的に応じたタイプの検査表を使・ト、色覚の異常の程度を調べらキとができます。釘ノ赤緑色覚異常(せきりwbしきかくいじょう)と分類される赤系と緑系を認識すらキとが困難な場合の異常を調べるのに適した検査であるといわれています。

このように石原式検査表は世界中で認められてきましたが、以前は色覚検査による結果が進学や職業的な適性検査に採用されらキとがあり、社会的に不遇な人を生み出す材料ともなlィねませんでした。

しかし、最近では色覚の異常の有無を重視する傾向が少なくなり、色覚異常を問題視する風潮はほとんどなくな・スといえます。

そのため、石原式検査法を使用する場面も少なくなりました。また、先天的な色覚異常については状態によ・トは石原式検査表では正確な判猪bできない場合があるといわれ、そのデメリットも認識されるようになりました。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.