視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

隅角検査(ぐうかくけんさ)

隅角検査とは、目の眼圧を調節する房水(ぼうすい)という分泌液の出口がある隅角という部分の状態を調べる検査をいいます。

隅角は、角膜(かくまく)と虹彩(こうさい)の境目の部分で、外からは見えない奥ま・ス場所にあります。

隅角に異常があ・ト房水が正常に機能できなければ、目に障害が起きらキとがあります。この房水が正常に分漠Bれ循環し排出されるためには、隅角に適度なスペースが必要でありまた房水の出口がきちんと機能していらキとが重要になります。

しかし、何らかの原因でこの循環がうまくいかず滞・トしまうと、眼圧が純Iらキとがあります。眼圧が純Iると、目の機能に様々な障害が起こらキとがわか・トいます。

隅角検査では、隅角鏡とよばれる器具を使・ト検査をします。検査では、検査用の哲黷ネコンタクトレンズを入れて隅角の状態や房水の流れ具合を見ます。

これを細隙灯(さいげきとう)という器具で拡総ツて見るとさらに詳しく確認すらキとができますので、小さな傷痕や異常も見つけらキとが可能です。点眼(てんがん)によqM酔をして行いますので、患者への負担は少なくて済みます。

隅角が狭くなる狭隅角(きょうぐうかく)の状態が進行すると、閉塞隅角翼。熄瘁iへいそくぐうかくりwbないしょう)にならキとがあります。

また、虹彩や毛様体(もうようたい)、脈絡膜(みゃくrYまく)に炎症を起こすブドウ膜炎という重い炎症や糖尿病網膜症(とうにょうd・うもうまくしょう)などの診断にも役立つといわれています。

これらの病気は、目の機能を著しく障害すらキとがあり、また永久的に視力に障害が残る恐れもあります。ですから、隅角検査によ・ト異常が見つか・スら、すぐに精密な検査をするとともに場合によ・トは治輸J始する必要があります。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.