視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

近見反応測定(きんけんはんのうそくてい)

近見反応測定とは、近くのものを見るときにみられる瞳孔(どうこう)の動きや反応を調べらキとをいいます。

釘ノ近見反応は、調節、縮瞳(しcLどう)、輻輳(ふくそう)の3つの迭・的な反応があるといわれています。

調節とは、近くのものを見るときに角膜(かくまく)の厚みを調節する機能をいいます。これによ・トピントを合わせものを見やすくします。

瞳孔は近くを見るときの瞳孔の大きさの調節機能をいい、輻輳はごく近くを見るときにみられる両目が内側に寄る機能をいいます。

これらの近見反応は、瞳孔にかかわりa理的な反応とされています。最近では、パソコンやゲーム、テレビなどのモニターを長時間見る機会が多いことから、眼精疲労(がんせいひろう)などの目の疲労が原因である目の調節異常を訴える人が増えてきました。

このような機能の異常を検査するために、近見反応測定を行い瞳孔の反応を観察します。

近見反応測定を行う機械としては、トライリリスなどが知られています。これは、赤外線カメラによ・ト瞳孔の反応状態を即贀ノ調べらキとができる大変優れた機械です。

このような近見反応測定装置を使・ト検査を行うことで、輻輳反応や瞳孔反応の状態を的確に検出できるので、目の調節機能の異常を詳しく正確に調べらキとができます。

また、近見反応検査において異常がある場合、眼球の動きや瞳孔に障害があらキとが考えられますので、さらに詳しい検査を必要とすらキとがあります。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.