視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

ゴールドマン視野計(ごーるどまんしやけい)

ゴールドマン視野計とは、ゴールドマン型とよばれる視野の測定を行うための機器です。

視野の測定にはいくつかの方法がありますが、中でも動的視野計(どうてきしやけい)や球面視野計(きcCめんしやけい)とよばれるものが一般的に使われています。

その計測機の代表的なものがゴールドマン視野計です。

ゴールドマン視野計は、明るさや大きさ、色の違う指標を用いて視野の計測を行います。視野の中心部だけを正確に測定する平面視野計と違い、視野全体の機能や異常を調べらキとができます。

視野の計測を行うものの中で、釘ノゴールドマン視野計は約半世紀の間ほとんど基本的な構造は変更されらキとなく使われている機械です。

基本構造としては、お椀のような形をした大きな丸い円盤に機器が接続された形をしています。この円盤が視野の範囲を表します。網膜(もうまく)は平面でなく眼球の形に添・ト曲面とな・トいるため、視野も平面でなく球面をしています。

ですから、視野全体を検査するためにはこのような曲面によ・ト検査する必要があるのです。

検査方法は、被験者がそのお椀型のものの中心を見ている状態で、周辺から中心部へと移動してくる丸い光が見えた時にボタンを押して知s_てもらいます。

これによ・ト全体の視野の中でどの部分に欠損や異常があるかを調べらキとができます。熟練した技術者が測定すると細かい異常や病気まで検出すらキとができますが、高い技術を要する検査であるため技術者によ・ト結果に差が出らキとが難点とa曹ヲます。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.