視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

アムスラーグリッド(あむすらーぐり・ヌ)

アムスラーグリッドとは、正確な方眼の真ん中に点を記した簡単な表を見らキとによ・ト網膜(もうまく)の中心部である黄班(おうはん)の異常を調べる簡単な検査表のことをいいます。

網膜に異常があると正確な四角である方眼が歪んだり欠けて見えらキとを利用した検査で、被験者が異常な見え方を感じた場合に自己申告すらキとになります。

検査方法は、一定の距離離れたところからアムスラーグリッドを符Gレずつと両目の2方法で見ます。まず、符E福フ目を塞ぎ、真ん中にある点をじ・ニ見つめます。このとき、目を細めたりせず通常の状態で見るようにします。次に両目でも同様の検査を行います。

正常な場合グリッドが正確にく・ォりと見えますが、網膜に異常がある場合迭・的な見え方をするとされています。

角膜(かくまく)や水晶体(すいしょうたい)、毛様体筋(もうようたいきん)、網膜を酷使したことによる疲労などが原因の場合には、グリッドがにじんだりダブ・ト見えらキとがあります。

また、グリッドにすぐにピントが合わず初めはずれが生じ徐々にく・ォりと見えてくる残像が見える場合も目の疲労が考えられます。このような結果が出た時はすぐに目を休めらキとが必要です。

しかし、グリッドが部分的に欠けて見えたり歪んで見える場合は、網膜に深刻な異常があらキとも考えられます。

網膜炎や黄班変性(おうはんへんせい)などの網膜の損傷では、それぞれグリッドの見え方に迭・がありますので診断の目蠀ニなります。釘ノ黄班部に異常が起こると視野の中心に見え方の異常が現れるため、グリッドの真ん中が黒く抜けて見えるなどの迭・がみられます。

疲労による異常がみられ休養をと・トも回復できない場合は、その他の病気や異常も考えられますので眼科を受診して検査を受けらキとが必要です。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.