視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

アプラネーション測定法(あぷらねーしょんそくていほう)

アプラネーション測定法とは、圧平眼圧測定法(あ・リいがんあつそくていほう)とa曹墲黷驫瘉ウを検査する方法の1つです。

アプラネーショントノメーターと呼ばれる検査機の先端を角膜(かくまく)に直接当てて測定するため、非常に精度の高い測定法だといわれています。そのも・ニも代表的な機器としては、ゴールドマン眼圧計が知られています。

検査では直接角膜に触れるため、あらかじめ点眼(てんがん)によqM酔をして行います。

圧平プリズムやコイルスプリングとよばれる小さな部品を内蔵した検査機のチップを角膜に当てて、徐々に圧力をかけていきます。このときに角膜の表面が一定の面積に平らになるまで圧力をかけ、そのときに必要な圧力を読み取りそこから眼圧を計算して算出します。

麻酔に使用される点眼には色素が含まれているため、角膜表面の父ヨサを確認しやすくな・トいます。一般的には診察用のスリットランプとセットにな・トいらキとが多いので通常の診察の中で測定すらキとができます。

アプラネーション測定法は、現在も・ニds確に眼圧を調べらキとができる方法とされ、正常なら10~21mmhgとされる眼圧を最大80mmhgまで測定できるといわれます。

これによ・ト、眼圧が高くなる高眼圧症(こうがんあつしょう)や重い視力の障害が残る恐れのある翼。熄瘁iりwbないしょう)、逆に眼圧が低くなる網膜剥離(もうまくはくり)や脈絡膜剥離(みゃくrYまくはくり)などの目の病気を的確に診断できます。

検査はごく短い時間で行うことができ、麻酔によ・ト痛みも感じませんので、患者の負担は非常に少なくてすみます。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.