視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

MRI検査(えむあーるあいけんさ)

MRI検査とは、磁気共鳴画像診断装置(じききょうめいがぞうしんだんそうち)という機械を使・ト行う検査です。

この機械は、強い磁力を持・ス円筒の中に入り、磁気の力を利用して体の断層を画像化するものです。MRIはX線を使わないので体への負担がありません。

ただし、磁気を使うことから金属を避けなければいけないことや、骨は写らないため骨の診断には使えないというデメリットもあります。しかし、逆に脳や内臓、子宮や卵巣などの体の内部にある組織の異常は高い精度で見つけらキとが可能なため、さまざまな病気や異常の診断に利用されています。

眼科においては、眼圧の異常や視野の欠損などの異常があるときに、MRI検査によ・ト目の断層画像を撮影し診断すらキとがあります。釘ノ、網膜(もうまく)の黄班部(おうはんぶ)やその裏側、視神経乳頭(ししんけいにcCとう)など通常の検査では見えない部分の状態を調べるには大変効果的です。

異常な所見がある場合、その状態や大きさなどを詳細に知らキとができ、診断の目蠀ノなるとともに治悠v画を立てる一助となります。また、目の周囲の組織の異常もMRI検査によ・ト見つけらキとができる場合があります。

さらに、視神経に炎症があ・スり視力や視野に異常があるときには、脳になんらかの病変がある場合があります。この場合も、MRI検査によ・ト脳の病変の大きさや位置を迭閧ナきるため、治涌罇jを立てやすくなります。

ただし、コンタクトレンズの中には金属を含むものがあります。ワンデーディファインというこのコンタクトには、レンズの縁の部分に金属が含まれています。

したが・ト、MRIを撮影するときは、このようなコンタクトレンズは必ず外すことが大切です。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.