視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

CT:検査(しーてぃー:けんさ)

CT:検査とは、コンピュータ断層撮影のことでX線によ・ト体を輪切りにした状態の断面図を画像化して診断する検査のことをいいます。

内臓や骨、脳の状態などを細かく断面かもヘらキとができるため、体の深い部分にある病巣や異常を見つけらキとができます。

CT:検査は、検査台に横にな・ス状態で丸い円筒状の検査機の中にゆ・ュりと入・トいきます。少しずつ位置を移動しながら全方向からX線を照射して何枚も撮影していきながら体の断面を画像化するので、検査時間は20分程度かかります。痛みはま・スく感じらキともなく負担のない検査です。

眼科領域では、CT:検査は目の周りの骨や目の組織の状態を調べるのに利用されています。

この検査の中でも、最近では光干渉断層計(OCT・ひかlィんしょうだんそうけい)とよばれるシステムによ・ト、網膜(もうまく)の黄班部(おうはんぶ)や視神経乳頭(ししんけいにcCとう)などの深い部分の断面図を高い精度で画像にして診断できるようになりました。

これは、X線ではなく赤外線を照射すらキとで断層画像を撮影します。撮影された断面図の状態によ・ト、さまざまな病気や異常を見つけらキとが可能です。

網膜を非常に細かく診断できるので、これまで診断の難しか・ス網膜の病気を的確に診断し、適切な治輸J始すらキとができると期待されています。

釘ノ姥班変性(かれいおうはんへんせい)や黄班の浮腫(ふしゅ)、糖尿病黄班症(とうにょうd・うおうはんしょう)などの黄班部の異常や網膜剥離(もうまくはくり)、翼。熄瘁iりwbないしょう)などを診断すらキとができるといわれています。

また、視野に異常がみられる場合の原因として挙げられる脳の腫瘍などの異常も、CT:検査によ・ト見つけらキとができます。したが・ト、目に填ハな異常や病気が見つけられないときは、CTは原因究明の重要な手段の1つとなります。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.