視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

フォロプター(ふぉろぷたー)

フォロプターとは、ホロプターともよばれ、メガネ状の器具に何枚ものレンズを組み込むことによ・トも・ニも適した度数を図らキとができるものをいいます。

つまり、視力の矯正(きょうせい)のために必要であるレンズはどれくらいの度数なのかを踀
ロの状態に合わせて組み立てていくことができる器具です。仮枠やトライアルフレームとよばれる一つの器具に、少しずつ複数枚のレンズを重ねていき視力の矯正の度合いを調べていきます。左右別々に調べらキともできるので、一般的にも・ニも使われている度数検査器具といえます。

フォロプターを使うことによ・ト、左右別々に視力を調べらキとができます。また、顔の骨格などに合わせた検査もでき、負担はほとんどありません。

フォロプターには侍@式と電動式があります。電動式は手間がかからないことや目の調節力などの細かい検査も同時に行えるというメリットがあります。ただし、個々の状態に応じて細かい操作ができないというデメリットもあります。

侍@式では、フォロプターの上にレンズを入れていくため手間はかかりますが、簡便に短時間で検査ができるというメリットもあります。

したが・ト、視力矯正用のメガネを作る場合、まずフォロプターで視力の検査を行い最も合・スレンズを決定します。

さらに、目のピント合わせのための屈折異常(く・ケついじょう)がないかを調べるオートレフラクトメーターとよばれる機械での検査と併用しながら最終的な矯正用のレンズを作らキとになります。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.