視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

トンネル視(とんねらク)

トンネル視とは、視野の中心部分は明確に見えるにDかわもy周辺部分が・ュて見えにくい状態をいいます。

視野がトンネルを見ているように見えるためにこのように呼ばれますが、求心性狭窄(きcCしんせいきょうさく)とa曹墲黷ワす。

トンネル視が起こる原因としては、まず視力を司る脳下垂体(のうかすいたい)に腫瘍などの異常が起こ・ス場合があります。これは、目で見たものを脳下垂体で受け取・ト映像として合成し認識する際に、腫瘍などなんらかの原因でその機能が障害されたために視野の外側に向か・ト黒く・「部分ができてしまいます。

そのほかの原因として、網膜色素変性症(もうまくしきそへんせいしょう)があります。この病気では、網膜の中に異常な色素が沈着したために光受容細胞(ひかりじゅようさいぼう)の中の桿体細胞(かんたいさいぼう)に障害が起きるために起こります。

桿体細胞は主に・「所で働く細胞であり、光の明・エじる機能を持・トいます。桿体細胞は網膜の外側に多く中心部には少ないため、視野の縁の方から徐々に・ュなり見える部分が狭ま・トいきます。

また、視神経が委縮してしま・スり翼。熄瘁iりwbないしょう)の末期でもトンネル視の症状がみられるといわれています。

周辺部が見えないことから、ぶつか・スり転ぶなど日常生活においても支障が起こるために気付くことがあります。進行が遅く気付きにくいので、異常を感じたらすぐに眼科を受診すらキとが大切です。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.