視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

光視(こうし)

光視とは、光視症とa曹墲鼕Oの光とは無関係に目の前にき・Rらやちかちかとした光が見える状態をいいます。

これは、硝子体(しょうしたい)が収縮するために網膜(もうまく)が引3」られ、それが刺激とな・ト起こる症状だといわれています。

光視の原因としても・ニも多いのは、姥といわれています。老化によ・ト硝子体や網膜などの組織が父ヨサすると後部硝子体剥離(こうぶしょうしたいはくり)などの異常が起こらキとがあります。

また、網膜剥離(もうまくはくり)や網膜裂孔(もうまくれ・アう)、飛蚊症(ひぶんしょう)などによ・トも起こります。これらは、網膜と硝子体が一部分で強くく・ツいた状態にな・トしま・スために、目を動かすときに硝子体が偏・ス動きをして網膜を刺激して光視が起こるとされます。

若い人には、脳の血管のけいれんが原因で一時的に光視が見えらキとがありますが、症状は一時的で数十分で治まるといわれます。その後符Cェ痛や嘔吐などを起こすこともあります。

また、脳の血管の病気が原因で光視が見えらキともあります。頭をぶつけて目から火花が出たという状態がそれに近いですが、過労や睡眠不足とい・スことが原因で起こらキとがあります。

このように原因がは・ォりしていて一時的に光視が見えるものは、あまり心配はいらないことがほとんどです。しかし、光視の症状が数週間続くときはさらに重篤な病気が隠れていらキとがあります。気・「たときはすみやかに眼科を受診すらキとが大切です。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.