視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

弱視(じゃくし)

弱視とは、眼鏡やコンタクトレンズなどの視力を矯正(きょうせい)する装置を使・トも視力の改善が見られない場合をいいます。

具体的には、矯正装置を使・トも0.3に届かないが、日常生活は普通に行える状態とされています。cハ裸眼(裸眼)の視力が非常に悪くても、矯正視力が1.0になる場合などは弱視ではありません。

弱視の原因は、大きく先天的なものと後天的なものに分類されます。

先天的なものとしては、重い白内障(はくないしょう)などによ・ト視力が極度に低下した状態が挙げられます。

後天的なものとしては、3歳ごろまでの乳幼児期において、斜視(しゃし)や強い屈折異常による近視や遠視、乱視などによ・ト正確な像を見らキとができなか・スことが挙げられます。

つまり、脳が認識する映像が偏・スために見る力が発達せず、視力が純Iらなか・スことが原因とされています。これらはなかなか気・ォにくく、学校の検診などによ・ト初めてわからキともあります。

弱視の治輸ヘ、できるだけ低年齢のうちに始めると効果が高いされています。眼鏡などの適切な視力矯正装置を使・ト、脳が正確な映像を認識できるようにします。それによ・ト次第に脳の見るという機能が発達し、視力が改善されます。

また、弱視の中には符E福フ目だけが釘ノ悪い場合もあります。その際は、アイパッチとよばれるもので健康な目を塞(ふさ)ぎ、悪い方の目だけで見る訓練をして視力を発達させます。

弱視の場合、夜盲症(やもうしょう)や視野狭窄(しやきょうさく)などの他の目の異常も共存している場合もありますので、きちんとした検査と診断の下に治輸sうことが大切です。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.