視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

色視(しきし)

色視とは、色視症とa曹墲齧{来無色であるはずのものに色がついて見えたり、色がついているように思える状態をいいます。

その原因となるものや状態によ・ト、見える色に迭・があるといわれています。

具体的にみると、赤視症(せきししょう)はアルコール中毒やヒステリー、網膜(もうまく)前部の出血や水晶体(すいしょうたい)を摘出した後の無水晶休眼(むすいしょうきcCがん)とよばれる状態のときに起こります。

緑視症(りwbししょう)は、中心性盲脈絡膜炎(ちcCしんせいもうみゃくrYまくえん)やヒステリーによるもの。

黄視症(こうししょう)は虫下しに使われるサントニンという薬の中毒症状。

青視症(せいししょう)は白内障(はくないしょう)の手術後などにみられるといわれています。

しかし、色視症は大変まれな病気であり、ストレスや精神状態が不蠀閧ネときに発生すらキとも多いとされます。一般的に色視の状態が永久的に続くことはないとされ、原因となるものがなくなると色視も改善されるといわれています。

しかし、なぜ色視が起こるのかはいまだに解明されていないことも多いため、治涌@も確定されていません。

また、前立腺肥大(ぜんりつせんひだい)や排尿が困難な場合などの治涌ニして使われているフリバスという薬の副作用としても色視症が挙げられています。この副作用では、服用中に目で見たものが黄色や赤などの色のフィルターがかか・トいるように見えます。一過性のものといわれ、服用を中止すると徐々にもとの正常な状態に戻・トいくことがほとんどです。

cハ色視に気・「た場合には、眼科を受診して的確な診断を行うことが重要です。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.