視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

虹視(こうし)

虹視とは、光を発するものを見たときに、その周vbぼんやりと虹がかか・スように見える状態をいいます。

輪郭がは・ォりせずもやがかか・スように見えるため、見え方に不自由を感じらキとがあります。

虹視は、体の疲れがひどいときや体力が低下しているときに起こらキとが多いといわれています。また、眼精疲労(がんせいひろう)や疲れ目などがひどいときにも起こります。

結膜炎(けつまくえん)などによ・ト大量の目やにが角膜(かくまく)表面に付着した場合のように、角膜の表面が汚れたり滑らかでない場合にも見られます。

その他の代表的な病気としては、ビマン性表層角膜炎とよばれる角膜の炎症などもあげられます。

虹視を代表的な症状の1つとしている病気の中で釘ノ注意しなければいけないものは、翼。熄瘁iりwbないしょう)です。この場合、翼。熄癈WLの眼圧の上昇によ・ト角膜がむくんでしまうために起こります。

それによ・ト角膜に入・トきた光を正常に網膜に届けらキとができなくな・ト、このような見え方の異常が起こ・トしまいます。ですから、虹視の症状とともに眼圧の上昇がみられた場合は、翼。熄痰フ検査を行う必要があります。

虹視は、疲れなどが原因であれば休養を取・スり必要な栄養を摂取すらキとで軽減されますが、時間が経・トも改善が見られない場合は眼科で検査を受け、適切な治輸ッらキとが大切です。同じ読みで「光視」もありますが、症状や原因共に違うものです。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.