視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

色覚異常(しきかくいじょう)

色覚異常とは、目で見たものの色の見え方が通常とは異な・ス状態をいいます。

以前は色盲(しきもう)や色弱(しきじゃく)とよばれらキともありました。色覚異常にはいくつかのタイプがあり、すべての色が認識できない全色盲、赤や緑系の色が認識できない赤緑色覚異常、青や黄色系が認識できない青黄色覚異常があります。

日本人では赤緑色覚異常がも・ニも多いとされ、国内に290万人存在するといわれています。また、青黄色覚異常の人はまれであるとされます。

色覚異常の多くは先天的なものといわれます。網膜(もうまく)にある錐体(すいたい)という光受容細胞(ひかりじゅようさいぼう)に異常があるために、迭閧フ色に対する感度が極端に低くならキとから起こります。

目に入る光は、その波長の長さによ・ト認識する色が異なります。錐体には3つの種類があり、それぞれに異なる波長の光を受け止め認識する働きをしています。

この赤、緑、青の錐体のいずれか1つか、あるいは複数の異常の組み合わせによ・ト色覚異常の起こり方も変わります。

また、この3つの錐体すべてが機能しないものは、全色盲になります。先天的な色覚異常は、遺伝も原因として挙げられらキとがわか・トいます。遺伝因子がそろ・ス時に現れる劣性遺伝(れ・ケいいでん)であるため、男子に発生する頻度が高いとされます。

その他にも、このような先天的かつ遺伝的なものが原因の異常だけでなく、後天的な原因として姥薰竄ネんらかの病気があるためだといわれています。

色覚異常の診断は、石原式色覚検査表やパネルD-15などを使・ト調べます。日常生活の中で不自由を感じらキとがあるかcハれませんので、きちんとした検査を行うことが必要です。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.