視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

化学眼外傷(かがくてきがんがいしょう)

化学眼外傷とは、化学物質が目に入・スために障害が起こ・ス状態をいいます。

化学物質には、薬品や洗剤などの他、様々なものが挙げられます。これらのものは、それぞれの物質の迭・によ・ト大きく経過は異なり、視力の障害が起きたりあるいは失明する場合もあります。

化学物質は、大きく分けて酸性とアルカリ性のものがあります。酸性の物質による外傷の場合、目の組織の深い部分にその影響が波及すらキとは少ないため、目の表面の炎症や障害で治まらキとが多いといわれています。

しかしアルカリ性の物質は組織への影響が大きいため、目の表面だけでなく角膜(かくまく)やその奥の部分にまで障害が起こらキとがあります。

一般的には、まず結膜(けつまく)や角膜などの目の表面にある膜が損傷し、炎症を起こします。ひどくなるにつれて、角膜が剥がれてしま・スり濁・トしまうことがあります。釘ノアルカリ性の化学物質の場合、症状が急速に進むといわれています。

化学眼外傷の症状は、主に痛みや涙、充血などです。炎症が奥に波及した場合、角膜が濁・スり、眼球の周囲を覆う膜全体が炎症を起こすブドウ膜炎や翼。熄瘁iりwbないしょう)、白内障(はくないしょう)などの合併症を起こすこともあります。

このような化学物質が目に入・スら、まず流水で十分に洗い流すことが重要です。少しでdモュ洗い流す事によ・ト、炎症が目の奥まで浸透するのを軽減すらキとができるからです。

そして、できるだけ早く眼科を受診します。外傷の状態や化学物質の種類など、様々な状況によ・ト治涌@が異な・トきます。場合によ・トは、視力に障害が残る恐れもありますので、適切な処置を早く受けらキとを心がけます。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.