視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

瞳孔散大筋(どうこうさんだいきん)

瞳孔散大筋とは、瞳孔を大きくする働きをする筋肉のことで、対照的な作用をする筋肉に瞳孔括約筋(どうこうかつやくきん)があります。

この2つの筋肉がそれぞれに作用すmスによ・ト、瞳孔は縮んだり広が・スりして目に取り込む光を調節して視力を蠀閧ウせています。したが・ト、瞳孔散大筋がより強く働けc。オ孔は大きく広がらキとになります。

瞳孔散大筋は、目のピントを合わせるために働く内眼筋(ないがんきん)とよばれる筋肉の1つで、その中でも瞳孔の周りにある虹彩(こうさい)を伸縮させる虹彩筋のうちの1つです。

瞳孔散大筋を支配する神経は、交感神経といわれています。交感神経は意思で自由に動かすことのできない不随意筋(ふずいいきん)とよばれる筋肉を支配しています。

したが・ト、瞳孔散大筋も体の反応の1つとして瞳孔の大きさを調節していますので、意思によ・ト自由に変えらキとはできません。

しかし、この働きのおかげで光の量にあわせて瞳孔の大きさを変え、視野や視力を最適の状態に保・トいるのです。

目の奥や水晶体(すいしょうたい)の中の状態を調べるための検査では、散瞳薬という点眼薬(てんがんやく)を使・ト強制的に瞳孔を開きます。このとき散瞳薬は、瞳孔散大筋に作用して大きくした状態を維持させます。

これは、瞳孔散大筋を司る交感神経を刺激するか、逆に副交感神経の働きを抑制する薬の働きを利用しています。このような状態の時には、広が・ス瞳孔から大量の光が目に入・トくるので、正常なときに比べ眩しく感じ視力が低下しています。

ですから、瞳孔散大筋の働きが通常の状態に戻るまで、自動車の運転は避けらキとが大切だといわれています。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.