視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

瞳孔括約筋(どうこうかつやくきん)

瞳孔括約筋とは、瞳孔を収縮させる働きをする筋肉のことをいいます。

瞳孔括約筋と対照的な働きをするものに瞳孔散大筋(どうこうさんだいきん)があります。

瞳孔括約筋は、意思によ・ト自由に動かせる筋肉ではありません。副交感神経に支配されている不随意筋(ふずいいきん)とよばれる筋肉に分類され、反射によ・ト意識せずにで瞳孔括約筋を調節すらキとにより目に入る光の量を調節しています。この働きで視力や視野をバランスよく調節しているのです。

また、瞳孔括約筋は内眼筋(ないがんきん)とよばれる目の焦点を合わせるための筋肉の1つであり、その中でも虹彩筋(こうさいきん)を構成する筋肉の1つでもあります。

虹彩筋は瞳孔の周りにある虹彩という部分の収縮を司る筋肉で、この働きによ・ト虹彩を縮めると同時に瞳孔も収縮します。

瞳孔は、検査や治輸フために強制的に収縮させらキとがあります。釘ノ翼。熄瘁iりwbないしょう)の前段階といわれる高眼圧症(こうがんあつしょう)やそれが進行した翼。熄痰ナは、眼圧を下げるために縮瞳薬(しcLどうやく)という点眼薬(てんがんやく)を使用します。

この薬剤は、瞳孔括約筋に作用して瞳孔を収縮させます。つまり、副交感神経を刺激して活発にしたり、逆に交感神経を抑制する作用によ・ト瞳孔括約筋を優位に働かせて瞳孔を収縮させます。

この状態のときは、視力が正常なときより低下しますので、瞳孔括約筋の働きが正常に戻るまで自動車の運転などは避けらキとが大切だといわれています。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.