視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

線維柱槍ナせんいちcCたい)

線維柱槍・は、眼球に栄養を送り込み老廃物を排出する働きを持つ房水(ぼうすい)という分泌液をろ過する働きをもつ組織です。

この組織は、角膜(かくまく)と虹彩(こうさい)のちょうど境目の隅角(ぐうかく)とよばれる部分にあるシュレム管という穴に繋が・トいて、ろ過した房水を目の外に排出するためにスポンジ状にな・ス組織です。

つまり、線維柱槍・房水をろ過してバランスを取らキとで、眼圧を一定に保つと同時に房水の流れをよくしてシュレム管へと送り届ける役目をしているのです。

しかし、何らかの原因で繊維柱槍━房水をうまくろ過しきれなくなり流れが滞ると、目の内圧である眼圧が純I・トしまいます。すると、視力の低下や視野が狭くなるなどの様々な障害が現れるようになります。

さらに進行すると、高眼圧症(こうがんあつしょう)や翼。熄瘁iりwbないしょう)へと移行してしまいます。これらの病気は、永久的な視力障害を招く恐れがありますので、眼圧の異常には注意が必要です。

繊維柱槍━ある隅角に異常があるために起こる翼。熄痰ナは、選択的レーザー繊維柱槍餐成術(SLT)とよばれる治涌@が有効とされています。

しかし、このレーザー治輸ノよ・ト効果が見られない場合には手術を行う必要があります。異常が比較的軽度の場合には、トラベクロトミーとよばれる繊維柱帯切開術を行います。

異常が重度で眼圧の数値がかなり高い場合には、繊維柱槍・取mリいてしまう繊維柱帯切除術が行われます。これによ・ト房水がスムーズに流れるようになり、眼圧が一定に保たれらキとになります。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.