視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

縮瞳(しcLどう)

縮瞳とは、瞳孔括約(どうこうかつやく)とa曹「、なんらかの原因によ・ト瞳孔が小さくな・スままの状態をいいます。

通常、瞳孔は光に反応して明るいところでは小さく、・「ところでは大きくなります。しかし、縮瞳では瞳孔の光に対する反応がないかあるいは鈍くな・トいるために、どのような環境下でも小さい状態を維持します。

病気による縮瞳は、一般的にはHorner症候群(ホルネルしょうこうぐん)とよばれる病気が原因の麻痺性縮瞳(まひせいしcLどう)が多いといわれています。Horner症候群では、脳から眼球へつながる交感神経が腫瘍(しゅよう)や出血、外傷や炎症などが原因で障害されらキとによ・ト、瞳孔を広げる筋肉に異常が起こります。

そのほか、急性症状で縮瞳がみられるものに、モルヒネや有機リンによる中毒が挙げられます。また、糖尿病(とうにょうd・う)患者や高齢者に縮瞳がみられらキとがあります。

翼。熄瘁iりwbないしょう)の前段階といわれる高眼圧症(こうがんあつしょう)とよばれる病気や、翼。熄痰フ治輸ノは縮瞳薬を使用します。これは塩酸ピロカルピンという薬剤で、眼圧(がんあつ)を下げる作用を持つためです。

縮瞳薬を点眼(てんがん)で使用すると、瞳孔が強制的に小さくなるため目に取り込まれる光の量が少なくなり、正常なときよりも視界が・ュ感じたり、遠くがかすむなどの視力障害が起こります。

また、白内障(はくないしょう)の悪化や下痢、吐き気などの副作用を起こすことがありますので、使用は慎重に行う必要があります。したが・ト、縮瞳薬を使用中は車の運転は避けらキとが大切です。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.