視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

視知覚皮質中枢(しちかくひしつちcCすう)

視知覚皮質中枢とは、大脳の中の大脳皮質(だいのうひしつ)という灰色の部分にある視覚野(しかくや)とよばれる部分で、目で見たものを信号として受け取り映像として認識する際に最も重要な役割を担・トいるところをいいます。

この大脳皮質とは、大脳の表面を覆う2mmくらいの細胞の層で、重要な感覚を司る細胞が均等に销ナいるといわれています。

その位置によ・ト支配する部分が異なり、視覚とよばれる視知覚野のほか、運動野、聴覚野(ちょうかくや)、嗅覚野(きcCかくや)、味覚野、言語野とい・ス感覚野が销ナいます。

中でも目で見たものを受ける視知覚野は、大脳皮質の後頭部に集ま・トいます。また、それぞれの視覚野が認識した感覚は連合野とよばれる場所ですべてまとめられ、複合的な高いレベルでの感覚として認識されると考えられています。

目に入・ス光は、網膜(もうまく)の光受容細胞(ひかりじゅようさいぼう)と呼ばれる細胞によ・ト取り込まれ、視神経(ししんけい)を通・ト視神経乳頭(ししんけいにcCとう)へ集められます。

そして、脳へと運ばれこの第一次視覚野とよばれる視知覚皮質中枢に到達すると、4つの経路である視神経のうちの左右1つずつが交差して入れ替わります。この時に受けと・ス情報を元にさらに細かく分析され、最終的に立体の像として認識されmスになります。

このように視知覚皮質中枢は、視力の最も重要な役割を担う部分であるといえます。ですから、外傷や病気などが原因とな・ト視知覚皮質中枢を損傷すると、視力や視野に異常が見られる視覚異常を起こすことになります。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.