視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

散瞳(さんどう)

散瞳とは、瞳孔散大とa曹墲黶Aなんらかの原因によ・ト一般的にひとみとよばれる目の瞳孔(どうこう)が通常の大きさより広が・ス状態のことをいいます。

瞳孔は、正常時には明るいところで収縮し・「ところでは拡総ツます。しかし、散瞳の状態になると光の量に関係なく瞳孔が大きく広が・スままになります。

散瞳の原因としては、麻痺性散瞳(まひせいさんどう)と痙性散瞳(けいせいさんどう)とよばれる2つのタイプがあります。

麻痺性散瞳は、眼球の動きを司る動眼神経(どうがんしんけい)が動脈瘤(どうみゃくりcC)などによ・ト圧迫されて副交感神経の伝達がうまくいかなくなるために起こります。

痙性散瞳は、主に薬物やアルコール、一酸化炭素などの中毒症状の1つとして起こります。

それ以外に、翼。熄瘁iりwbないしょう)が急激に悪化し眼圧が上昇すると、その後遺症として散瞳がみられらキとがあります。散瞳になると、光に対する反応が鈍くな・スりあるいは失われるため視力が低下します。

また、白内障(はくないしょう)や翼。熄瘁A糖尿病網膜症(とうにょうd・うもうまくしょう)のような病気の診断のために、眼底検査(がんていけんさ)によ・ト目の奥の状態を検査したり水晶体(すいしょうたい)の中を調べる場合などに、検査の前段階として散瞳の状態にすらキとがあります。

これは散瞳検査といい、散瞳薬とよばれる点眼薬(てんがんやく)によ・ト強制的に瞳孔を大きくします。これによ・ト通常は見えにくい目の奥がよく見えるため診断がしやすくなるので、眼科では日常的に行われています。

釘ノ飛蚊症(ひぶんしょう)や糖尿病(とうにょうd・う)、高血圧などの生活習慣病のある人や、急に視力が低下したり視野の一部が欠けている人などは不可欠な検査です。

散瞳の状態では、視力が著しく低下したり光が大量に目に入・トくるため通常より眩しく感じます。そのため、薬の影響がなくなるまで自動車などの運転は避けらキとが大切です。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.