視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

眼圧(がんあつ)

眼圧とは、眼球の形や大きさを一定に保つための眼球の中の圧力をいいます。

眼球が丸い形をしているのは、眼圧が内側に存在するためです。目は、外から入・ス光を取り込み網膜(もうまく)上にピントを合わせらキとで鮮明な映像として認識すらキとができます。

それには、角膜(かくまく)や水晶体(すいしょうたい)で網膜との距離に合わせて光を屈折する必要があります。そのために必要な眼球の厚みや大きさ、形は、眼圧によ・ト維持されています。

cハ、眼圧の異常によ・ト眼球の形が変形したり大きさが変わ・トしまうと、網膜上にピントを合わせらキとができなくなり、視力の低下が起きたり目で見たものを歪んだ映像として認識すらキとになります。

眼圧は、正常値では10~12mmHgといわれています。また、常時一定というわけではなく、5mmHgの範囲で微妙に変動しています。

眼圧が低すぎても高すぎても目には障害が現れるので、目の異常を感じて眼科を受診すると眼圧検査を行うことがほとんどです。

眼圧を保つ働きをしているのは、房水(ぼうすい)という分泌液です。これは、角膜や水晶体に栄養を与え老廃物を排出する働きをしている液体で、毛様体(もうようたい)とよばれる部分で生成分漠Bれ、シュレム管という穴から目の外の唇ャへと出て行きます。

眼圧が高くなると目の様々な組織や神経を圧迫するため、大きなダメージを受けらキとがあります。釘ノ眼圧が高くなる病気では、翼。熄瘁iりwbないしょう)が知られています。

このような病気になると著しく視力が低下したり失明すらキとも少なくありませんので、異常を感じたも薰゚に眼科を受診すらキとが大切です。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.