視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

シュレム管(しゅれむかん)

シュレム管とは、角膜(かくまく)の周りをぐるりと囲んでいる組織の1つをいい、房水(ぼうすいとよばれる分泌液を唇ャの中に排出する働きをしています。

房水は、眼球の形を維持し角膜や水晶体(すいしょうたい)に栄養を運ぶと共に、眼球内の老廃物も運鐀キる役割をしています。その出口となるのが、シュレム管です。

シュレム管は、眼球の外に向か・ト開口しているのではなく、強膜(きょうまく)という膜組織の中にその出口があります。

そして、シュレム管から出た房水は強膜の中の唇ャに排出されるため、シュレム管のことを強膜唇ャ洞(きょうまくじょうみゃくどう)とa曹「ます。

また、房水は眼圧(がんあつ)という目の中の圧力に密接にかかわ・トいます。房水が分漠Bれてシュレム管に排出されるまでスムーズに循環されらキとによ・ト、眼圧は一定に保たれています。

しかし、なんらかの原因でシュレム管が詰ま・スり塞が・スりすると、房水の流れが滞り眼圧が上昇してしまいます。

こうい・ス状態になると、高眼圧症(こうがんあつしょう)や翼。熄瘁iりwbないしょう)とい・ス眼圧の異常を主な原因とする病気を引き起こします。

シュレム管は、隅角(ぐうかく)とよばれる部分に開口しています。この部分は虹彩(こうさい)と角膜の境目に当たる部分で、房水のバランスが崩れて隅角が押しつぶされたような状態になるとシュレム管が塞が・ト眼圧が急上昇を始め、ひどい痛みが起こるなどの急性症状が起こります。

目が重たい、かすむ、光がにじむなどの症状が見られたら、シュレム管に異常が起こ・トいる場合がありますので、できるだけ早く眼科を受診すらキとが大切です。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.