視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

アイバンク(あいばんく)

アイバンクとは、眼球銀行ともよばれ角膜(かくまく)の障害によ・ト失明した人に視力を取り戻すための角膜移植(かくまくいしwb)の機会を与える運動をいいます。

なんらかの原因で角膜が濁・スり変形したりする障害が原因で失明した人は、角膜を健康なものと入れ替えらキとで再d自えるようにならキとがあります。

そこで、角膜を提供してもらう献眼登録(けんがんとうろく)を募り、その人の死後・Pの同意の下に角膜を提供してもらい失明した人に移植手術を行うことで、失・ス視力を再d虞復できるようになります。

日本では、1958年(昭和33年)に「角膜移植に関する法律」が施行され始まりました。現在100万人以純I登録していますが、その数は年々減少し移植手術自体も少ないのが現状です。

アメリカなど海外では積極的に行われている国もあり、日本はその普及が大変遅れています。また、移植される角膜も輸入に頼・トいるため、国内での活動の活性化を図るのが急務とされています。

アイバンクへの登録は、本人の意思によ・ト行い登録者証と登録者カードが発行されます。

ただし、いくら本人の同意するという意思表示があ・トも、死後・Pが同意しなけれcꀀ氓ヘできませんので、登録の前に必ず家族で話し合・トおく必要があります。

現在は、各都道府県にアイバンクがあり、ライオンズクラブなども連携して活動を行・トいます。したが・ト、cハ献眼登録した人が亡くな・ス場合は、最寄のアイバンクかライオンズクラブへ連絡すらキとにな・トいます。

また、アイバンクと連携するコーディネーターが登録から献眼に関わる様々なことに対応できるようにしています。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.