視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

アレルゲン(あれるげん)

アレルゲンとは、アレルギー反応を起こす原因となるものをいいます。

カビやダニを含むハウスダストやペットの埋アフケ、食品添蔚ィや建物の塗料、排気ガスや花粉など日常生活の中でも無数に存在するといわれています。これらが体内に入ると体の抗体と反応して、くしゃみや鼻水、痒みや批[炎などの様々な症状を起こすアレルギー疾患を起こします。

釘ノ目に起こるアレルギーとしては、アレルギー性結膜炎(けつまくえん)が知られています。アレルギー性結膜炎を起こすアレルゲンは、主に吸入性アレルゲンといわれ空気中を飛んでいる花粉やハウスダストが代表的なものです。

目の結膜は、眼球結膜(がんきcCけつまく)と眼瞼結膜(がんけんけつまく)の2つに分かれています。アレルギー反応が起こると、まぶたである眼瞼結膜は充血し、さらに痒みが起こります。

そのほか、涙目やごろごろとした異物感、目やになどの症状もみられます。釘ノ痒みの症状は強く、ついごしごしとかきむし・トしまい目の表面が水ぶくれのようにな・スり、悪化すると結膜が濁・トしまうこともあります。

アレルギー性結膜炎には、アレルゲンが目に入ると短時間で痒みなどの症状が起こりしばrY我慢すると症状がおさまるタイプのものもあります。また、花粉症のように花粉などのアレルゲンが常に飛んでいるために症状が長期間続く季節性のものもあります。

このようなアレルゲンに対する抗体反応を抑える治輸ニしては、主に点眼薬(てんがんやく)が使われます。その病気や症状によ・ト適切な使用法を選択する必要がありますので、必ず医師の指示に従・ト使うことが重要です。

また日常生活では、アレルゲンが入らないようマスクやサングラスなどで保護すらキとも効果的です。減感作治輸iげんかんさちりょう)とよばれ、祉Aアレルゲンを少しずつ皮下注射して慣れされる方法もありますが、これには長期間の治輸ニアレルゲンの迭肪必要です。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.