視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

ステロイド点眼薬(すてろいどてんがんやく)

ステロイド点眼薬とは、副腎皮質ホルモン剤(ふくじんひしつほるもんざい)とa曹墲黶A強い炎症などが見られる際に処方される目薬で炎症を抑える効果があります。

主に使われる病気としては、角膜炎(かくまくえん)、結膜炎(けつまくえん)、強膜炎(きょうまくえん)、ブドウ膜炎、目の手術後などが挙げられ、中でも症状が重い場合に使われます。

また、重い花粉症などのアレルギー性結膜炎で抗アレルギー剤でも効果が足りない場合や視力に障害が起こる恐れのある場合に使われます。とても強い薬で副作用などもありますので、その処方は慎重に行われます。

ステロイド点眼薬でよく使われるものにフルメトロン、リンデロンなどがあります。これらの薬は、懸濁液(けんだくえき)というタイプで液体部分と固形部分に分離した状態にあるためよく振・ト使用します。

ステロイドの中でも効果は穏やかな方ですが、目の表面に長時間留まりやすいので効果を持続しやすいというメリットがあり、また副作用も起こりにくいといわれています。

ステロイド点眼薬の副作用としては、充血やまぶたの腫れなどが起こらキとがあります。また、連用すると目が本来持・トいる抵抗力が弱ま・トしまい感染を起こしやすくなります。

そのほか、眼圧が純I・スり翼。熄瘁iりwbないしょう)や白内障(はくないしょう)などの重い副作用を起こす場合もありますので、使用については必ず医師の指示を守らキとが重要です。

持病や薬剤に対するアレルギーを持・トいる人も、使用には注意が必要です。角膜上批O離(かくまくじょうひはくり)、角膜潰瘍(かくまくかいよう)、ウイルスやカビなどの感染症には使うことができませんので、医師の的確な診断の下に使用すらキとも大切です。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.