視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

ドルーゼン(どるーぜん)

ドルーゼンとは、目の網膜(もうまく)の裏側にたま・ス老廃物といわれています。

網膜にある視細胞(しさいぼう)とよばれる細胞は、常に眼に入・ス光を脳へ伝える働きをしています。こうい・ス光を信号に変換して送る作業を行う際には、エネルギーを費すと同時に老廃物も発生します。

この老廃物は、若いうちは網膜色素上皮細胞(もうまくしきそじょうひさいぼう)という細胞の中に取り込まれ、終サされてなくなります。しかし、年齢と共に終サしきれなくなり上皮細胞と脈絡膜(みゃくrYまく)の間の部分に蓄積されてしまいます。

これがドルーゼンで、眼底検査(がんていけんさ)ではつぶつぶの塊のように見えます。こうい・スドルーゼンは、姥班変性(かれいおうはんへんせい)の原因とa曹墲黷トいます。

ドルーゼンには、硬性と匂タの2つのタイプがあります。硬性ドルーゼンは、不要な老廃物が蓄積した初期の段階で、眼底検査では黄色く硬いものとして認識されます。

しかしこれが進行すると、なんらかの父ヨサが起こ・ト淡い黄色にな・トきます。これが匂タドルーゼンとよばれる状態で、ここに祉A炎症が起こりその炎症を達゚ようと新しい血管ができて集ま・トきます。

これが新生血管とよばれるもので、滲出性(しんしゅつせい)の姥班変性の原因の1つとされています。姥班変性は、高齢者の失明の原因の1つa曹墲黷トいる厄介な病気です。

ドルーゼンのほとんどは姥薰ノよる必然的な目の老化現象ですが、一度姥班変性になると永久的な視力障害が残る恐れがあります。したが・ト、眼底検査においてドルーゼンを認められた人は、必ず定期的な検査を受けらキとが大切です。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.