視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

角膜プラーク(かくまくぷらーく)

角膜プラークとは、結膜(けつまく)に炎症が起こゆu化して角膜に深い潰瘍(かいよう)ができ、その上に剥がれた細胞や膜がこd・ついたものをいいます。

これは、かさぶたのようになり角膜の濁る原因となります。目にアレルギーの原因となるアレルゲンが入ると、痒みや目やに、ごろごろとした異物感が起こりアレルギー性結膜炎を発症します。

アレルギー性結膜炎では、結膜に充血や腫れ、水ぶくれやぶつぶつがみられます。このぶつぶつは乳頭(にcCとう)といい、まぶたの裏の繊維組織が増殖したもので1mm以上にならキとがあります。これは、春季カタルという病気の迭・的な症状といわれています。

このようなアレルギー性結膜炎や春季カタル、結膜炎などが悪化すると、結膜だけでなく角膜にも様々な症状が現れるようになります。

まずd・んという角膜の表面がただれた状態になり、さらに進行すると深い部分までただれた潰瘍という状態になります。潰瘍はやがて角膜表面の細胞が死んでしまう壊死(えし)にいたり、表面に死んだ上皮細胞(じょうひさいぼう)やムチン層の膜が白く濁・ス粘_状とな・ト溜ま・トしまいます。

これが角膜プラークで、いわゆる角膜のかさぶたの状態なので、剥がれると生傷の状態になり強い痛みを感じます。

角膜プラークができるほどの状態では、炎症が深部に及んでいるので角膜が濁・トしまいます。この状態まで進行すると乱視の悪化や視力の低下が起こります。一度角膜が濁ると元に戻らキとはありませんので、視力障害は一生残ります。

したが・ト、角膜プラークができるまで放置せず、異常を感じたらできるだけ早く眼科を受診すらキとが大切です。つまり角膜プラークができた状態は、角膜の損傷が重大であらキとの目蠀ナあるといえます。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.