視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

目の愛護デー(めのあいごでー)

目の愛護デーとは、1931年(昭和6年)に中央盲人福祉協会(ちcCおうもうじんふくしきょうかい)によ・ト提唱され現在まで続けられている、目の健康の大切さを一般に啓発するための日です。

はじめは、失明を予防するための運動として視力保存デーとして定められました。その後、1938年(昭和13年)から1944年(昭和19年)の一時期9月18日を目の記念日とし、1947年より10月10日へと戻され、目の愛護デーと定められました。

1950年(昭和25年)からは当時の厚生省が隠墲閨Aやがて主喉ニな・ト活動は続いています。10月10日の数字を横にすると眉と目の形に見えらキとからこの日に制定されました。

現在は目の愛護デーにおけ・_動dxんになり、様々な企業や団体、自治体でイベントなどを行・トいます。各都道府県では、眼科・I中心とな・ト無料検診が行われたり、目の健康についての講演や贀k会などが開喉ウれています。

また目薬などの目に関わる製品を扱う製薬会社では、目の健康に関連した標語を募集し応募者の中から優秀者にはプレゼントが贈られています。

そのほか、翼。熄瘁iりwbないしょう)や白内障(はくないしょう)の患者で作るネットワークや団体が主喉ニな・スイベントなども行われ、目の健康の大切さを一般へ発信す・_動をしています。

現代社会は、パソコンやゲームなどの普及によ・ト目は過酷な環境におかれています。また、コンタクトレンズなど便利な反面その取扱を慎重に行わなければならないものも広く使われていて、目の障害が深刻化するケースd月氓「でいるのが現状です。

目の愛護デーは、このような視力障害や失明に苦しむ人たちを減らし、末永く目を健康に使うことの大切さを広く知らしめらキとを目的としています。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.