視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

ゼアキサンチン(ぜあきさんちん)

ゼアキサンチンとは、ほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれている黄色のカロテノイドという色素の1種です。

目の中では、ルテインと共に網膜(もうまく)などに蓄積されていますが、ゼアキサンチンは釘ノ黄班部(おうはんぶ)という部分だけに存在しています。

黄班部は、網膜の中心にあり視力の中枢となりますので、正常にものを見るために重要な役割をしています。

目には常に外界から有害な紫外線が入・トきます。その中でも釘ノ目に有害といわれる青色光は目の中で活性酸素を発生させ、眼球の細胞を損傷し視力を低下させるなどの悪影響を与えます。

そして、このとき視力に最も影響のある網膜の黄班部では、ルテインと共にゼアキサンチンが光を吸収しこの活性酸素を減少させて、目を守・トいるのです。したが・トゼアキサンチンが不足すると、紫外線などの悪影響による様々な障害が起こります。

また、ゼアキサンチンを積極的に多く摂らキとは、目の老化が原因で起こる白内障(はくないしょう)や姥班変性(かれいおうはんへんせい)の予防にも効果があるといわれています。これらの病気は、世界的に失明の原因の代表格といわれていますので、その予防や対策は健康な視力の維持には大変重要です。

もともとルテインとゼアキサンチンは、構造する分子は同じですが結合の仕方が違う物質ですので、非常に似たような成分であり同じような働きを持・トいるといわれています。どちらも脂溶性の物質ですので、油と一緒に調理するなどの工夫をするとより吸収率が純Iり効果的です。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.