視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

ビタミンA(d┸みんえー)

ビタミンAとは、批[や粘膜などの細胞が活発に働くために必要なビタミンで、中でも目の健康維持には非常に重要な役割を持・トいるため目のビタミンとも呼ばれています。

一般的には批[の再生を促して潤いのある肌にしたり、粘膜を健康に保つことで風邪などの感染病から守・スり、活性酸素を抑制してガンを予防するなどの働きをしています。

また、目を酷使する人はビタミンAが不足しがちになり、目に障害が出てくらキとがあるとa曹墲黷トいます。ビタミンAは、レバーやうなぎ、にんじんやほうれん草などに多く含まれています。

ビタミンAは、角膜(かくまく)の表面にムチン層とよばれる粘液層を作る働きをしています。これによ・ト涙ができるだけ長く角膜の表面に留まるように作用し、また時には涙の量を調節して目を乾燥から保護する役割をしています。

ムチン層が正常に生成されなければ、ドライアイや涙目などを起こしたり、ウイルスや細菌に感染しやすい状態になります。

また、一般的に鳥目ともよばれる夜盲症(やもうしょう)は、ビタミンAの欠乏症の1つとして知られています。目に入・ス光を光信号として脳に送るとき、ビタミンAによ・ト作られるロドプシンという物質が使われます。

しかし、ビタミンAが欠乏してロドプシンの量が足りなくなると、光を感じる細胞の感度が悪くなるために・「ところでの視力が極端に低下してしまいます。

この状態が夜盲症で、ビタミンAを多く摂らキとで予防や対策ができますので、目の乾燥やごろごろするなどの違和感、あるいは視力の低下を感じたときは適度な量のビタミンAを積極的に摂らキとが大切です。

ただ、過剰に摂るとビタミンA中毒を起こすことがあります。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.