視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

眼窩減圧手術(がんかげんあつしcUゅつ)

眼窩減圧手術とは、眼球が入・トいる眼窩というくぼみの骨の一部を削mスによ・ト眼球の入るスペースにゆとりをつくり、目の内圧を下げる方法です。

バセドウ病とよばれる甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)になると目の内圧が純Iり、目が外に飛d双してきます。

また、同時に角膜(かくまく)や結膜(けつまく)に病気がある場合や、内圧が純I・ト視神経に障害を起こし後遺症が懸念される場合にも、眼窩減圧手術を行います。

バセドウ病になると、目の後ろの脂肪や組織に異常が起こり腫れたりむくんだりします。そのため、眼球が前に押し出されてしまうのです。また、目の後ろの筋肉が腫れたり炎症を起こすと、目がうまく動かなくなり、物が二重に見えるなどの障害が起こる場合もあります。さらにこのような腫れによ・ト視神経が圧迫されると、視力にも障害が起こります。

そこで、眼球が前に出てこないよう眼窩を削・ト眼球の後ろに余裕を作り、目が前に突出しないようにします。ただし、このような処置は周りの組織の炎症などが強いときにはできません。

この手術では、顔の表面を小さく切開する方法と、光ファイバーを使・ト鼻の粘膜からアプローチする方法があります。手術後は、しばrYの間ものが2つに見えるなどの視力障害が起こらキとがありますが、徐々に改善していきます。

眼窩減圧手術では、数週間で飛d双した眼球は元の位置に戻りますので、視力の回復だけでなく、外見的にも回復すらキとができます。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.