視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

超音波乳化吸引術(ちょうおんぱにcCかきcCいんじゅつ)

超音波乳化吸引術とは、現在白内障(はくないしょう)の治涌@として最も一般的に行われている方法です。

白内障は、目のレンズにあたる水晶体(すいしょうたい)が出血や炎症などによ・ト濁・トしまうために、網膜(もうまく)の奥に光が届かなくな・ト視力が低下する病気です。そこで、治涌@としては濁・ス水晶体を取mリき、代わりに人工のレンズを入れるのが一般的です。

超音波乳化吸引術では、局所麻酔を行・ス後に角膜(かくまく)に3mm程度の小さな切り込みを入れ開きます。そこに超音波を出すチップのついた機器を挿入し、濁・ス水晶体を少しずつ吸い出していきます。

きれいに取mリいたら、眼的ンズとよばれる人工のレンズを挿入します。このレンズが、取mリいた水晶体の代わりとなります。眼的ンズを入れ込んだら、洗浄を行い手術は終わります。はじめに切開した傷口は、自然に閉じていくので心配はいりません。

術後は眼槍・よ・ト保護し、蠀Aノします。最近は、麻酔も点眼で行うことができるようになりましたので、患者の負担Dなり軽減されました。

この方法では、目にかかる負担Dなり少なくてすみます。そのため、翌日には視力の改善が見られ、1週間程度でほぼ元通りに戻るといわれています。

ただし、白内障の他に病気を持・トいる場合は、希望しているほどの視力までの回復が望めない場合もありますので、手術を受ける前にし・ゥりと相談をした上で受けるのが大切です。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.