視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

涙小管形成術(るいしょうかんけいせいじゅつ)

涙小管形成術とは、涙の出口に繋がる涙小管という部分に障害が起こ・ス場合にそれを改善すりY置をいいます。

涙小管は、涙嚢(るいのう)とよばれる涙のたまる袋の部分と繋が・ス細い管で、何らかの原因で詰ま・スりあるいは切れてしまうことがあります。涙小管にこのような障害が起こると、一般的には涙目といわれる流涙症(りcCるいしょう)などを起こし、涙が止まらないなどの症状が現れます。

そこで涙小管形成術では、内視鏡(ないしきょう)やレーザーを用いて通りにくくな・ス涙小管を切開して流れやすくしたり、切れてしま・ス場合には繋ぎ合わせたりします。

また、完全に塞が・トいるときは、涙点といわれる涙の出口から涙嚢に向かう新たな涙小管を作ります。場合によ・トは、涙丘(るいきcC)といわれる目頭の膨らみを、手術によ・トずらすこともあります。

涙小管形成術で切開などの処置をされた涙腺には、涙がきちんと流れるようにNSTとよばれるヌンチャク型シリコンチューブを入れます。挿入されたシリコンチューブは、涙小管の状態が蠀閧キるまでの数週間から数ヶ月の間、そのまま目の中に留めておきます。この方法によ・ト、障害のある涙小管を改善できる確立が以前より純Iりました。

涙小管などの異常によ・ト涙がうまく排出されなければ、炎症や感染など様々な問走b起こ・トきますので、涙が止まらなか・スり目の近くに膨らみを見つけたら、速やかに病院を受診するのが大切です。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.