視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

涙道シリコンチューブ挿入術(るいどうしmnんちゅーぶじゅつ)

涙道シリコンチューブ挿入術とは、DSIとa曹墲黶A涙の出口である涙点という部分から細いシリコン製のチューブを入れ、涙の通り道である涙道(るいどう)を拡げる方法です。

涙道は、もともと細い部分や太い部分があ・ト複雑な形をしている上にとても細い管なので、何らかの原因で詰ま・スり狭くならキとがあります。

そうすると、涙が通りにくくなり炎症を起こして腫れたり膿や痛みが出るなどの障害が起こります。そこで、まぶたの上と下にある両方の涙点からシリコン製のチューブを挿入して通りにくくな・ス部分を人為的に拡張し、涙の通り道を広くしてあげます。このとき涙は、チューブと涙道の隙間を流れるようになります。

手術は、全身または局所の麻酔を使・ト行います。術後は痛みも違和感もなく、すぐに普段の生活に戻らキとができるので支障はありません。

また、シリコンチューブは体への抵抗もほとんどないので、体への影響もないといわれています。このシリコンチューブは数週間から数ヶ月の間入れたままにしておき、拡げた通り道が蠀閧オたら最終的に抜き取ります。

涙道シリコンチューブ挿入術は日本が最先端といわれています。これまでの方法では、涙道の中に残しておいたチューブが途中で抜け出てくるとい・ス問題もありましたが、日本で開発されたNS-Tといわれるヌンチャク型のチューブはこうい・ス問走bほとんどなく、今では世界的に広く採用され手術における蠀關ォが格段に向純Tました。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.