視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

強膜内陥術(きょうまくないかんじゅつ)

強膜内陥術とは、網膜剥離(もうまくはくり)の治涌@の1つです。

眼底かゃOがれて浮き純I・トしま・ス網膜(もうまく)をく・ツけるために、眼球を外側から凹ませらキとで再び接着させます。

つまり、眼球の外側にバックルとよばれるシリコンスポンジを巻いたり縫い付けらキとによ・ト、網膜剥離の原因とな・ス亀裂や穴の部分の眼球を凹ませます。そして、剥がれた網膜と強膜の間にたま・ス水分を抜いたり、眼球の中にガスを入れて浮き純I・ス網膜を押さえつけながら、その周りにあis膜を部分的に冷凍すらキとで穴を塞ぎ網膜の改善を図ります。

手術は非常に細かい作業であらキとや手術の際の視野が上下左右逆転しているので、慣れた術者でなけれc。・オいため、非常に慎重に行われます。

また、手術は1~2時間を要し、数週間の入院が必要です。適用とならない症例もありますので、医師にきちんと相談すらキとが大切です。

この手術では、目の中への感染のリスクは比較的少ないのですが、挿入したバックルへの感染や眼球の動きがうまくいかないなどの合併症が起こらキとがあります。

このような眼球内の手術は、手術後に眼球にかかる外的な圧力を避けるために寝るときの体位を制谀ウれらキとがありますので、医師の指示に従うことが大切です。

網膜剥離の治輸ナは、強膜内陥術と硝子体(しょうしたい)手術のどちらかを状態に応じて選択します。一般的には、軽度の網膜剥離の場合は強膜内陥術、重度の場合は硝子体手術が行われているようです。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.