視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

硝子体手術(しょうしたいしcUゅつ)

硝子体手術とは、網膜(もうまく)や視神経とい・ス目の奥の組織に病気がある場合や、なんらかの原因で硝子体が濁・トしまい視力に障害が起こ・ス場合に、硝子体を取mリく手術のことをいいます。

硝子体はガラス体ともよばれらキとからわかるように、本来無色透明なものです。しかし、出血や感染、炎症などによ・ト一度濁・トしまうとなかなか元に戻らキとができません。

硝子体は水晶体と同じように光を屈折させる働きがありカメラのレンズのような役割をしているため、濁・トしまうと光が目の奥に届かなくなり、視界が曇・スりぼやけたりして鮮明な映像を見らキとができなくなります。

また、眼球の形を維持する役割cハていますので、強い衝撃や外傷などで硝子体を損傷すると眼球の形が変わ・トしまい正常にものを見らキとができなくなります。

硝子体手術の方法は、まず麻酔をして専用のカッターで切れ目をいれ、濁・ス硝子体や出血などの異物を取mリきます。場合によ・トは、硝子体を取mリいてから網膜剥離(もうまくはくり)や網膜穿孔(もうまくせんこう)のような目の奥にある病気の治輸sいます。

その後、透明な液体やガスを入れて元の形に戻します。この手術は1~3時間程度で終わりますが、非常に細かい手術なので慎重に行われ、数週間の入院が必要となります。

術後の網膜の経過によ・ト視力の回復状態が決まりますので、適切な経過観察が必要です。また、術後の合併症で白内障(はくないしょう)やその他の感染症を起こす恐れもあります。将来の視力に関わりますので、十分な治輸ニ観察を行うことが大切です

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.