視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

冷凍紀ナ術(れいとうぎょうこじゅつ)

冷凍紀ナ術は、網膜穿孔(もうまくせんこう)といわれる病気の治涌@として知られています。

これは、網膜剥離(もうまくはくり)などの前段階といわれ網膜に穴が開いてしま・ス状態で、この穴を塞ぐために行う処置の1つです。早急に穴を塞がなければ進行して網膜が剥がれ、網膜剥離にな・ト視力に重大な障害が起こる恐れがあります。

網膜穿孔を塞ぐ方法としては、光紀ナと冷凍紀ナの2つの方法が主に行われています。

そのうち冷凍紀ナでは、冷凍紀ナプローブという先端の細い器具を使・ト行います。プローブの先を液体窒素などのガスを当てらキとによ・トマイナス60~80度の超低温の状態にします。

そのプローブの先端を眼底鏡(がんていきょう)で確認しながら穿孔している部位に押し当てます。そうすると、この部分は凍傷(とうしょう)のような状態になり炎症を起こします。そして、炎症から癒着(ゆちゃく)が起こり穴が塞がります。cハ既に穴から網膜に水が入り込んでいても、穴が塞がれば水は自然に吸収されていきます。

場合によ・トはレーザーによる光紀ナ法と併用されらキともありますが、レーザーは網膜などに損傷を起こすこともありますので、水晶体の濁りや出血などによ・ト患部がは・ォり確認できない場合には冷凍紀ナ術か手術が選択されます。

冷凍紀ナ術は網膜穿孔の他、未熟児網膜症や糖尿病網膜症(とうにょうd・うもうまくしょう)などでも広く使われている治涌@です。

冷凍紀ナ術によ・ト治輸sう場合、日帰りでは不可能で1~2週間の入院を必要とします。また、紀ナしすぎると逆に視力が低下してしまう場合もありますので、し・ゥりとしたカウンセリングを受け納得の上で治輸ッらキとが必要です。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.