視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

栄養血管光紀ナ(えいようけ・ゥんひかゅ墲蛯、こ)

栄養血管光紀ナとは、視力に障害が現れる滲出型姥班変性(しんしゅつがたかれいおうはんへんせい)などの原因となる新生血管(しんせいけ・ゥん)という異常な血管の根元である栄養血管とよばれる部分を、レーザー光によ・ト固めてしまう治涌@です。

これまで視力に大きく関与している網膜(もうまく)の中心窩とよばれる部分に新生血管が伸d・いる場合、治輸ェ困難であるといわれていました。

しかし、この方法では新生血管の鎗サの部分をレーザーで焼くことにより紀ナさせ、新生血管そのものに血流がいくことを阻害して最終的に血管を破壊します。したが・ト、中心窩を傷つけらキとなく新生血管だけを根絶できます。

レーザーを照射する場合には、インドシアニングリーンという光に反応すりk影剤(ぞうえいざい)を注射して行います。

ただし、この治涌@は適用となる状態が谀轤黷トいます。cハ新生血管の始まりの部分である栄養血管が中心窩の上にあ・スり非常に近い場合には、レーザーによ・ト中心窩が損傷してしまいます。

中心窩は、ものを見るために最も重要な働きをする部分であり、治輸ノよ・トこの部分が破壊されると視力に重大な障害が残・トしまいます。ですから、この治涌@は栄養血管のある場所が中心窩かゃ{れている場合にしか適用できません。

また、レーザーによ・ト紀ナした部分は絶対・_といわれ、ま・スく光を認識すらキとができない部分とな・トしまいます。このような栄養血管光紀ナ法が不適応な場合には、新生血管を除去する手術を行うこともあります。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.