視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

光線力学涌@(こうせんりきがくりょうほう)

光線力学涌@とは、滲出型姥班変性(しんしゅつがたかれいおうはんへんせい)という病気に効果のある治涌@として開発された方法でPDTともよばれます。

姥班変性は、ものを見るときの視力に大きく関与している網膜(もうまく)の黄班部分が損傷され、視力に重大な障害が起こる病気です。現在、視力に障害を起こす原因の中でも上位にあるほど患者数も増隠オている病気です。

萎縮型(いしcLがた)と滲出型の2つのタイプがある姥班変性ですが、中でも異常な血管が出てくるために黄班が障害される滲出型の治輸ノは、光線力学涌@が有効といわれています。

その収魔ヘ、まず唇ャにビスダインという光に反応する色素を注射します。すると、色素に含まれるベルテポルフィンという物質が異常な血管に集ま・トきますので、その部分に網膜には影響のない程度の祉Aレーザーを当てます。

レーザーによ・ト活性化したベルテポルフィンは化学反応を起こし、この異常な血管を塞いでしまう働きをします。これによ・ト、異常な血管の発生や進行、増殖を抑えらキとができ、場合によ・トは視力の回復も期待できる場合があります。

しかし、これは根本的な治輸ナはなく一度閉じた血管がまた開いてしまうことがあります。ですから、定期的に検査を行い経過を観察していくことが必要です。再発も多いため治輸Jり返したり、治輸ノ不適合な場合もあります。

光線力学涌@による治悠繧ヘ、薬剤の影響で直射日光に当たると火傷(やけど)のような症状が現れらキとがあるため、数日間の入院が必要です。また、費用も高額なため、医師ときちんとした相談の上で行うことが大切です。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.