視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

眼鏡の不整合(めがねのふせいごう)

眼鏡の不整合とは、視力の矯正(きょうせい)を目的として装着した眼鏡が、踀
ロの現在の目の状態に合・トいない状態をいいます。

自分の目に合・トいない眼鏡をかけらキとは、目にと・トは大きなストレスになり、様々な目の障害だけでなく長期間に及ぶと全身的な症状が起こる原因となります。

眼鏡の不整合によ・ト起こる障害には、視力の低下があります。眼鏡をかけらキとで一時的に矯正前よりも視力はよくなりますが、不整合な眼鏡をかけ続けらキとによ・ト逆に少しずつ視力が低下していきます。

また、眼鏡を装着すらキとによる視力の矯正が不適切であ・スり不十分な状態だと、頭痛や肩こり、吐き気などの目以外の全身症状とともにイライラして不蠀閧ノなるなどの精神的な症状が現れます。

さらに悪化して眼精疲労(がんせいひろう)になると、ドライアイや疲れ目、かすみ目や視力の低下などの症状が起こります。中でも頭痛は、めまいなどを伴うことも多く、ひどくなると日常生活に支障をきたす場合もあります。

また、一度眼鏡を作・トも、始めの検査できちんと整合していなか・スり、時間とともに視力の低下や調節異常が進行し気付かないうちに不整合にな・トいらキともあります。

ですから、定期的に眼鏡の度数が合・トいるかの検査を行い、調整すらキとが大切です。釘ノ思春期以下の子供については、眼鏡の不整合は今後の視力に大きく影響してきますので定期的な検査を心がけて行うことが必要です。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.