視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

全身の健康診断(ぜんしんのけんこうしんだん)

全身の健康診断では、全身の最も基本的な検査を行・ト異常がないかを調べます。

眼科領域における健康診断では、一般的に視力検査が行われています。通常視力検査では、眼鏡をかけていない状態での裸眼検査(らがんけんさ)と、いろいろなレンズをつけて最もよい視力を探す矯正視力(きょうせいしりwb)検査を行います。

この検査によ・ト、近視や乱視、遠視などの屈折異常とよばれる状態や、場合によ・トは目の病気が見つからキとがあります。

また、検診の内容によ・トは、眼圧検査(がんあつけんさ)や眼底検査(がんていけんさ)とよばれるさらに細かい検査を行うこともあります。どちらも短時間ですぐにできる検査で、目の中の状態を見ると同時に全身的な病気を見つける事bかりにならキとがあります。

例えc、レの内圧である眼圧は健康な状態では一定に保たれていますが、何らかの原因で高くならキとがあります。こうい・ス状態の原因となる病気には、翼。熄瘁iりwbないしょう)があります。

翼。熄痰フ場合、視神経が傷害されるため視力が低下したり視野に見えない部分ができてしまうことがあります。同様に眼底検査では目の奥の部分を調べらキとができます。

視神経がケーブル状に集まる視神経乳頭(ししんけいにcCとう)とよばれる部分や網膜(もうまく)の状態がよくわかるため、視力に障害が残る恐れのある病気を見つけらキとが可能になります。

このような病気は年齢とともに患者数も増隠オますが、自覚症状もわかりにくく全身の検診だけではなかなかみつかりません。したが・ト、ある程度の年齢にな・スら健康診断に眼圧検査や眼底検査を取り入れて、早期発見早期治輸Sがけらキとが大切です。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.