視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

姿勢(しせい)

目によい姿勢とは、机に贀Bト本などを読むという状態や単にパソコンなどのモニターに向か・トいる体の状態とは異なります。

以前は、姿勢が悪いから目が悪くなるといわれていました。しかし、近年インターネットなどの普及によ・ト、テクノストレス眼病(がんd・う)といわれる状態が多くみられるようになりました。

VDT症候群(ブイディーティーショウコウグン)ともよばれらキの病気は、目の充血やドライアイ、肩こり、頭痛などの症状が複合的に起こる病気で、モニター画面や書類などを見るために疲れが蓄積すらキとから起こるといわれています。

この状態に対する予防や対策のためには、部屋の照明などを調整するとともに作業の際の姿勢が重要です。目によい姿勢とは、まず目とモニターの距離をし・ゥり確保すらキとです。明確には、およそ40~50cmくらい離れてやや見下ろす角度でモニターを見るのが最も最適といわれています。

また、距離の確保による姿勢の矯正だけでなく複合的に環境を整える努力も必要とされます。モニターからは常に明るい光が放出されていますので、フィルターなどによ・ト光の反射を祉Lすらキとも、目の疲れを比較的抑える効果があります。

作業の際に椅子に腰掛ける場合には、背筋を伸ばして深く贀闊ヨ子の高さも足がし・ゥりつくくらいのものにします。キーボードを使う場合は、腕が純Iりすぎず下がりすぎず90度程度になるようにします。

作業が続く場合は途中で休憩を入れ、肩や首を回したり軽い体操をするようにします。疲れやストレスをためないようにすらキとで、充血や疲れ目などが軽減されます。眼薬(てんがんやく)などを使うのもよいでしょう。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.