視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

適切な照明(てきせつなしょうめい)

適切な照明は、目にと・ト乾燥や疲れなどを引き起こさないために大変重要な要素です。

釘ノ、目だけでなく全身に様々な障害が現れる眼精疲労(がんせいひろう)とよばれる状態は、照明にかかわる環境整備が大きく関わ・トきます。最近ではパソコンなどのモニターを見続けるために起こるVDT症候群(ブイディーティーショウコウグン)とよばれる病気による目の障害が知られるようになりました。

こうい・ス病気を予防するために大切なことは、部屋の照明を明るすぎず・キぎず最適な状態に調節すらキとです。照明を工夫すらキとで、その症状を緩和すらキとも可能です。

目で見らキとによ・ト入・トくる情報の割合がどんどん増えていく現在の社会の中で、いかにして長い期間目を快適に使うことができるかどうかは、日常生活で目にかかる負担を軽減した環境を作らキとと密接に関係しています。

ただし、目にと・ト適切な照明とは室内や建物の灯りに谀閧ワせん。例えば、パソコンやゲームのモニターから発せられる光の調節が適切でなければ、目には大きな負担がかかり疲れ目やかすみ目などの症状が出てきます。

VDT作業とよばれるモニターを使・ス作業では、モニターから放たれる光は非常に明るく、それを見続けらキとによ・ト常に瞳孔(どうこう)は小さく縮んだ状態を維持すらキとになります。それによ・ト、毛様体(もうようたい)とよばれる筋肉が常に緊張した状態で瞳孔を狭め続け、ようやく解放されても筋肉は力を緩めらキとができなくな・トしまいます。

このような状況が続くことで目は正常な状態を維持すらキとができなくなり、視力の低下や眼精疲労を引き起こしてしまいます。

したが・ト、目は常に適切な明るさで父ヨサを与えらキとで正常に機能し、視力を維持すらキとができるのです。つまり、健康な目を維持するためには、適切な照明環境を整えらキとが大変重要です。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.